全国の解剖学者が集まる解剖学セミナーや人類学者・奈良教授主催の骨学セミナーなどに参加し、表情筋を研究している美筋研究家・高見寿子先生が、解剖学の理論を元にしたセラピストのための"結果が出るアカデミー"を開きます!
技術力が格段に上がるからセラピストとしての自信もつき、根強いファンがつく!サロン集客に強いメニューコースをご提案します!!
お客様は、コンプレックスに思っている箇所を隠して、本来の美しい所まで隠して、それが原因で姿勢まで悪くなって、全体のトータルバランスまで崩してしまう。
一番心の奥底に閉まってある、コンプレックスの箇所を引き出すには、解剖学に基づいて身体の仕組みが形態をしっかりと理解する事が必要です。何処にどんな筋肉がついて、どんな作用をするのか、どんな歪みがあるのかを理解すれば、部分毎にメイキングが可能です。そしてすぐに実感して、(お悩み箇所を一番に)納得して頂きます。根拠があるから結果もでて、リフトアップやサイズダウンも一回で実感できます。だからこそ、お客様が離れないサロンになる技術を身に着けることが大切です。
整体の枠を超えたストレッチやリハビリ、解剖学をもとに筋肉を調整していく独自の施術で、今や新潟のみならず他県に渡り多くのリピーターを持つ「癒し空間ふぅ」代表。肉眼解剖学セミナーに参加し、解剖学の大切さを実感、さらなる知識と技術の向上を視野に2012年日本福祉大学通信教育医療福祉マネージメント学科へ入学。精神保育福祉の分野を学びながら、表情筋の研究、解剖学での博士課程を目指す。さらに現在はその幅を広げ、国立大学の教授監修のもと、エステティシャンに向けた表情筋モデルを開発中。